恩情(読み)おんじょう

精選版 日本国語大辞典「恩情」の解説

おん‐じょう ‥ジャウ【恩情】

〘名〙 めぐみ深い心。いつくしみの心。愛の
※文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈巨勢識人〉「誰慮遣君向戎路。恩情婉忽相遺」 〔班婕妤‐怨歌行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「恩情」の解説

おん‐じょう〔‐ジヤウ〕【恩情】

情け深い心。慈しみの心。「恩情に富む」「恩情に感謝する」
[類語]愛情愛着温情情けじょう情合い情愛情味人情人情味厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁恵仁慈仁心じん慈悲あわれみ哀憐同情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「恩情」の解説

【恩情】おんじよう(じやう)

なさけ。恩愛の情。〔怨歌行〕楽府 常にる、秋の至りて 涼風、炎熱奪ふを 篋笥(けふし)の中に捐(きえん)せられ 恩、中にしてえん

字通「恩」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android