仁心(読み)じんしん

精選版 日本国語大辞典「仁心」の解説

じん‐しん【仁心】

〘名〙 深い愛情をもって思いやる気持。人を愛する
※本朝文粋(1060頃)六・為宮道義行申安房能登淡路等守状〈大江以言〉「論其虐残乳虎心之獣也」
※浄瑠璃・平家女護島(1719)二「小松殿の仁心(ジンシン)、骨ずいにしらせん為暫くはひかへたり」 〔孟子‐離婁〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仁心」の解説

じん‐しん【仁心】

人を思いやる心。
[類語]愛情愛着情けじょう情合い情愛情味人情人情味温情恩情厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁恵仁慈じん慈悲あわれみ哀憐同情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「仁心」の解説

【仁心】じんしん

仁愛の心。〔孟子、離婁上〕今、仁心仁聞りて、も民其の澤を被らず、後世に法(のつと)るべからざるは、先王のを行はざればなり。

字通「仁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android