コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁摩[町] にま

百科事典マイペディアの解説

仁摩[町]【にま】

島根県中部,邇摩(にま)郡の旧町。山陰本線が通じる。主集落は日本海に面する仁万(にま)で,漁業水産加工が盛ん。肉用牛の飼育,シイタケ栽培を行う。琴ヶ浜鳴り砂で知られ,砂博物館があり,海水浴場としても有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にま【仁摩[町]】

島根県中央部,邇摩(にま)郡の町。人口5174(1995)。東は大田市に接し,北西は日本海に面する。中心の仁万町は近世には石見銀山の積出港,物資の供給地となり,西廻航路の寄航地として発展した。町域の多くが山林で,肉用牛の飼育,シイタケ栽培などが盛ん。また仁万漁港を中心に一本釣りを主体とした沿岸漁業や養殖漁業も行われる。日本海岸には鳴り砂で知られる琴ヶ浜などがあり,海水浴や磯釣りに訪れる人も多い。山陰本線が通じ,湯迫(ゆざこ)温泉(含重曹食塩泉,29~30℃)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android