コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難太平記 なんたいへいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

難太平記
なんたいへいき

室町時代初期の史書。1巻。武将今川了俊著。応永9 (1402) 年成立。本来は子孫に書き残そうとした覚え書。父範国から聞いた室町幕府創業期の今川一族の功業や,明徳,応永の乱での自己の立場を説明し,みずから今川氏の正統であることを主張して,将軍足利義満の不明を批判している。『太平記』を批判した条があるため,『難太平記』と後人が称した。『群書類従』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なんたいへいき【難太平記】

室町時代の史書。1巻。今川了俊著。応永9年(1402)成立。今川一族の家系・歴史・功績などを記し、「太平記」の記述を訂正する箇所が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なんたいへいき【難太平記】

今川貞世(了俊)の著作。1402年(応永9)2月,了俊78歳のとき成立した。題名は《太平記》を批判するという意味である。しかし,これは後人の命名で,了俊の意図がそこにあったわけではなく,父範国から聞いた今川氏の歴史や応永の乱時の了俊の立場を子孫に伝えることに,著作の目的があった。内容は,今川氏の出自,今川氏の先祖の事跡,特に鎌倉幕府の滅亡から南北朝動乱期における今川氏一族の活躍,今川氏の守護職や所領の由来,将軍足利義満に対して謀反を図る鎌倉公方(くぼう)足利満兼や大内義弘と了俊の関係などが書かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なんたいへいき【難太平記】

史論書。一巻。今川了俊著。1402年成立。今川氏の家系と父祖以来の事績を子孫に伝えるために書き残したもの。文中「太平記」の誤りを指摘し、修正を加えている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

難太平記
なんたいへいき

室町時代の武将今川了俊(りょうしゅん)(貞世(さだよ))の著。1402年(応永9)の成立。九州探題として大成果をあげたにもかかわらず、将軍足利義満(あしかがよしみつ)によって1395年(応永2)その職を罷免され、1402年には駿遠(すんえん)の守護職や所領をも没収された了俊が、晩年の失意のなかで著したもの。父祖以来の今川氏の事績、ことに足利将軍家に対する今川氏の忠誠を子孫に正しく伝えることを目的とし、結果的に『太平記』の記述を部分的に修正することにもなっている。『難太平記』の書名は後人の命名であろう。内容は、足利尊氏(たかうじ)・直義(ただよし)から義満までの将軍家による室町幕府の樹立とその保持という営みに、今川一族ことに了俊がどのようにかかわってきたかを具体的に記す。了俊は、儒教の政治論を取り入れた「天下万民ノタメ」の政(まつりごと)を標榜(ひょうぼう)する見地にたってその記述を行っており、室町時代の武将の政治論・将軍観ならびに主従道徳論・歴史論・家門意識などをみるに格好の書である。[玉懸博之]
『『難太平記』(塙保己一編『群書類従 21 合戦部』所収・1977・続群書類従完成会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の難太平記の言及

【太平記】より

…近江ノ国ノ住人〉とある。さらに,歌人,武人として高名であった今川了俊(貞世)が1402年(応永9)に著した《難太平記》には《太平記》の成立に関し注目すべき記述がある。法勝寺の恵鎮上人が《太平記》を30余巻持参して等持寺で足利直義に見せたところ,直義はそれを《建武式目》制定に参画した当時の碩学玄恵(げんえ)法印(玄慧)に読ませた。…

※「難太平記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

難太平記の関連キーワード青野原の戦い篠村八幡宮椿説弓張月土岐頼遠足利家時室町時代吉良貞義後ろ合せ玄恵昔心高氏水端楠流

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android