コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今帰仁[村] なきじん

1件 の用語解説(今帰仁[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なきじん【今帰仁[村]】

沖縄県国頭(くにがみ)郡の村。本部(もとぶ)半島北東部と東の古宇利(こうり)島(面積2.95km2)よりなる。人口9486(1995)。北と東は東シナ海に面し,南は名護市で,半島部の南側は乙羽(おつぱ)岳から西に丘陵がのび,海岸沿いに平地が広がる。古宇利島海岸段丘が発達する。14世紀から15世紀の三山(さんざん)時代には北山(ほくざん)王統が今帰仁城(北山城)にあって沖縄島北部を支配し,当地はその中心地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今帰仁[村]の関連キーワード辺戸岬山原角島大橋おおぎみ琉宮城蝶々園天野鉄夫国頭正秀国頭正弥知念芳子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone