コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏眼尊 ぶつげんそん Buddhalocanā

3件 の用語解説(仏眼尊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏眼尊
ぶつげんそん
Buddhalocanā

密教の女神で,仏眼仏母とも訳される。もとは般若の智慧を象徴した神格で,仏陀を出生させる母であるという。胎蔵界曼荼羅遍知院に住し,また釈迦院の一切如来宝と同体。菩薩形で結跏趺坐している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶつげん‐そん【仏眼尊】

智慧を生じる無限の功徳を備えた仏の眼相を人格化したもの。大日如来などの変現とされ、菩薩行(ぼさつぎょう)で結跏趺坐(けっかふざ)の像に表す。仏眼仏母(ぶつげんぶつも)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶつげんそん【仏眼尊】

〘仏〙 密教で胎蔵界曼荼羅まんだら遍智院の尊。仏の智を象徴するもので、一切の仏を生むものであることから仏眼仏母ともいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏眼尊の関連キーワード観仏八功徳水薬師経阿弥陀講慧命功徳蔵頌文智慧光仏眼仏頂尊

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone