代替療法(がんの)(読み)だいたいいりょう/がんのだいたいいりょう(英語表記)alternative treatment

知恵蔵「代替療法(がんの)」の解説

代替療法(がんの)

医学的に効果が証明されたがん治療法に対して、代替となりうると考えられている未確認治療法。キノコ製剤などの健康食品からワクチンなどを用いたものまで、様々な治療法がある。しかし、代替療法には以下のような問題点がある。(1)治療効果が証明されていない、(2)有効だとする実験的根拠がない、(3)副作用が検討されていない、(4)値段が高いなど。そのため、代替療法にのみ頼るのは危険である。厚生労働省調査(2002年)によると、45%のがん患者が代替療法を利用し、1カ月当たりの費用は平均5万7000円。

(黒木登志夫 岐阜大学学長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android