コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武家領 ぶけりょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぶけりょう【武家領】

中世武家所領。狭義には平氏,源氏足利氏など武家の棟梁(とうりよう)ないし幕府を開いた武家公権などの所領をさすが,広義には守護や地方武士一般の所領をも含めて扱われる。ここでは広義にとらえて扱う。まず武家の棟梁,幕府の所領から見ると,すでに平安時代後期に清和源氏や伊勢平氏などは下級官人であり武家の棟梁でもあるという事情から,各根拠地の関東や伊勢,伊賀などを中心に若干の荘園を持っていた。このうち平氏は平治の乱以後,官人貴族の世界に入って政権を掌握する過程で荘園と知行国を集積する方向で所領を拡大し,最大時には500余所の荘園と30余国の知行国を領有するに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武家領の関連キーワード南北朝時代(日本)寺社本所領一職支配代銭納山城国家法点札公用

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android