コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意出頭 にんいしゅっとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意出頭
にんいしゅっとう

捜査機関から呼出しを受けた被疑者が,みずからの自由な意思で出頭すること。検察官,検察事務官または司法警察職員は,犯罪の捜査をするについて必要があるときは,被疑者に出頭を求めることができる。しかし,被疑者は逮捕または勾留されている場合を除いては,出頭を拒む自由があり,また呼出しに応じて任意出頭した場合でも,いつでも退去することができる (刑事訴訟法 198条1項) 。任意出頭は,実務上捜査のために,しばしば用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

任意出頭【にんいしゅっとう】

検察官・検察事務官または司法警察職員が,犯罪捜査のため必要なとき,被疑者に出頭を求めること。被疑者は出頭を拒み,また出頭後いつでも退去でき,また黙秘権がある(刑事訴訟法198条)。
→関連項目任意捜査

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

にんいしゅっとう【任意出頭】

刑事訴訟法上、身柄を拘束されていない被疑者が、捜査機関の要求に応じて、取り調べを受けるため任意で捜査機関に出頭すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

任意出頭
にんいしゅっとう

出頭を求められた被疑者が任意で出頭すること。検察官や検察事務官、それに司法警察職員は、犯罪の捜査を行うのに必要な場合には、被疑者に出頭を求めて取調べができることになっている(刑事訴訟法198条1項本文)。ただし、この出頭は、任意処分であり、出頭を拒否することができるし、いったん出頭した場合でも、何時でも退去することができる(同法198条1項但書)。もっとも、出頭の求めに応じなければ逮捕されることがある。[大出良知]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の任意出頭の言及

【捜査】より

…被疑者の取調べはたいへん有用な捜査手段であるが,過酷な追及が行われると人権上問題であるばかりか誤判の原因ともなる。 任意出頭犯罪捜査をするについて必要があるとき,被疑者あるいは被疑者以外の者に対して,警察署等へ出頭するよう求めること。逮捕状が出ている場合と異なり,出頭の義務はないが,そこでなした供述は一定の要件のもとで証拠になる。…

※「任意出頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

任意出頭の関連キーワード検察官(法律)任意同行調書証拠身柄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

任意出頭の関連情報