伊場遺跡(読み)いばいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊場遺跡
いばいせき

静岡県西部,浜松市中区にある弥生時代古墳時代,律令制時代にわたる複合遺跡。 1949年に発見され,1968年から浜松市による大規模な発掘調査が行なわれた。その結果,弥生時代の三重環濠方形周溝墓群,古墳時代の竪穴住居址群,律令制時代の官衙風掘立柱建物跡群などが検出された。三重の環濠からは大量の弥生土器,およびその下から丹塗短甲状木製品が,遺跡西半部を貫流する埋没河川からは,木簡墨書土器,絵馬,まな板をはじめとする各種の古代遺物が出土した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いばいせき【伊場遺跡】

静岡県西部の浜松市東伊場2丁目から同市東若林町にかけて,約10万m2と推定される弥生~平安時代の大遺跡。第2次大戦末期に米軍の艦砲射撃を受けて露出した弥生式土器が,1949年に中学生の目に留まり,遺跡発見の端緒となった。三方原台地南端の海食崖に近い海岸平野の,古い砂州上に営まれた弥生時代低地性集落跡として,54年静岡県跡に指定された。68年以降浜松市教育委員会によって,約4万2000m2に及ぶ発掘調査が行われ,大略次のような成果が得られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いばいせき【伊場遺跡】

静岡県浜松市東伊場にある弥生後期の集落、平安時代までの官衙かんが建物跡。伊場式土器の標式地。環濠集落、布智厨ふちくりやの墨書土器・木簡が発見された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊場遺跡
いばいせき

静岡県浜松市中区伊場にある弥生(やよい)~平安時代を中心とする遺跡。第二次大戦末期の米軍による艦砲弾爆裂孔付近に散乱した土器片が、1949年(昭和24)に遺跡発見の端緒となった。当時は弥生時代集落跡として注目されたが、68年から浜松市教育委員会による発掘調査が始まると、三重の環濠(かんごう)を巡らした弥生時代後期の集落跡だけでなく、その西方一帯に古墳時代中期の竪穴(たてあな)住居跡群や律令(りつりょう)期の官衙(かんが)的掘立て柱建物跡群が検出され、中央部に幅約15メートルの大溝が埋没していた。環濠から大量の弥生土器や丹塗(にぬり)短甲状木製品が、また大溝から土師器(はじき)や須恵器(すえき)のほか木簡(もっかん)、墨書(ぼくしょ)土器(「布知厨(ふちくりや)」など)、絵馬を含む木製品などが多く出土し、とくに7世紀代の木簡の存在が注目された。遺構や出土品からみてこの遺跡は、古代の遠江(とおとうみ)国敷智(ふち)郡の郡衙(ぐんが)および栗原駅家(くりはらのうまや)の一部であったと推定される。54年県史跡に指定されたが、東海道本線高架化事業遂行のため73年に指定解除された。遺跡の一部は伊場遺跡公園として公開され、伊場遺跡資料館(浜松市博物館分館)もある。[向坂鋼二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊場遺跡の言及

【木簡】より

…都城,宮殿関係のものとしては平城宮および京跡のほか難波宮跡,藤原宮跡,飛鳥京跡,長岡宮および京跡,平安京跡などがあり,地方官衙関係では,大宰府跡,多賀城跡をはじめ各地の国衙・郡衙遺跡などがある。静岡県伊場遺跡や兵庫県山垣遺跡などは,内容豊富な木簡が多数出土することによって,ある種の官衙機能をもつ遺跡として注目されているものである。近年はまた官衙というよりも一般集落遺跡からも木簡の出土が報告されており,律令体制の文書伝達が広範囲に徹底して行われていたことをうかがわせるものである。…

※「伊場遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android