コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿倍野/阿部野 アベノ

4件 の用語解説(阿倍野/阿部野の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あべの【阿倍野/阿部野】

大阪市南部の区名。昔の熊野街道に沿う。南部の北畠は北畠顕家(きたばたけあきいえ)戦死の地といわれる。阿部野橋駅は天王寺駅とともに同市の南玄関をなす。区名は「阿倍野」と書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あべの【阿倍野】

大阪市南部の上町(うえまち)台地に位置し,大阪の南の玄関をなす中心街区。江戸時代には大坂三郷(おおさかさんごう)町はずれの綿作農村であったが,1889年大阪鉄道(現,関西本線)天王寺駅が開設されて以来,人口急増による大阪市街地拡張の波をこの地域が最初にうけ,住宅,学校,病院などの開発が多くの鉄道線開通とともに進み,急激な都市化をみた。現在はJRの大阪環状線,関西本線,阪和線,近鉄南大阪線,南海電鉄上町線,天下茶屋線,地下鉄御堂筋線,谷町線の集中する大ターミナルで,天王寺ステーションビル,アベノ橋地下センター近鉄百貨店などが立地して中心商店街を構成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あべの【阿倍野】

大阪市南部の区。上町台地南部一帯を占める。史跡に富む。現在は商業地となり、大阪市の副都心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿倍野
あべの

大阪市南部、阿倍野区の北部地域。阿部野とも書く。洪積層の上町(うえまち)台地上にあり、標高約10メートル程度。台地の稜線(りょうせん)沿いに通る阿倍野街道は、中世の熊野街道に該当し、難波(なにわ)(大阪)と紀伊熊野を結ぶ通路として重視され、沿道には伝説地や史跡が多い。なかでも松虫(まつむし)塚、小町(こまち)塚、播磨(はりま)塚や阿倍王子神社、安倍晴明(あべのせいめい)神社、北畠親房(きたばたけちかふさ)・顕家(あきいえ)を祀(まつ)る阿部野神社は有名。明治初期までは大阪南郊の農地で、一帯はソバの栽培が盛んであった。1889年(明治22)大阪鉄道(現、JR関西本線)が通じ、北部天王寺区界に天王寺駅が設けられ、1900年(明治33年)大阪馬車鉄道(1910年電化。現、阪堺(はんかい)電鉄上町線)が同駅から台地上に敷設されてから、沿線の住宅開発が進み、市の代表的住宅地となった。さらに1923年(大正12)大阪鉄道(現、近畿日本鉄道南大阪線)のターミナルとして現在の大阪阿部野橋駅が設けられ、JR天王寺駅とともに大阪市南部の玄関口となった。市営地下鉄谷町線の阿倍野駅もあり、付近一帯はターミナル商店街をなし、副都心を形成している。[位野木壽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿倍野/阿部野の関連キーワード上町台地小金井住吉白井難波江待兼山岩湧山三島江上町筋堂島地下センター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone