コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宗看(3代) いとう・そうかん

1件 の用語解説(伊藤宗看(3代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤宗看(3代)

没年:宝暦11.4.29(1761.6.2)
生年:宝永3(1706)
江戸中期の将棋棋士,7世将棋名人。5世名人2代大橋宗印の次男,幼名印寿。享保1(1716)年,初段で御城将棋に初出勤,以後25局指し18勝6敗1持将棋。13年6世名人3代大橋宗与死去のため史上最年少で7世名人を継ぎ,公命で将棋所(江戸幕府から扶持を給せられた将棋の最高権威者)に任ぜられた。名人就位後技芸を伸ばし,無敵の強さを示して「鬼宗看」と呼ばれた。19年『象戯図式』を幕府に献上,難解な名作詰将棋で,のちに「詰むや詰まざるや百番」と呼ばれた。名人中の名人と称され,没後は後継者がなく史上初の名人空位を記録した。なお,将棋所は江戸末期の6代伊藤宗看(10世名人)が最後で,明治維新によって消滅した。<参考文献>大山康晴『三代伊藤宗看』(日本将棋大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤宗看(3代)の関連キーワード木村義雄大橋宗桂伊藤宗看伊藤宗看(1)伊藤宗看(2)大橋宗英大橋宗桂(1)大橋宗古大橋宗与(2)大橋宗与(4)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone