コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宗看(3代) いとう・そうかん

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤宗看(3代)

没年:宝暦11.4.29(1761.6.2)
生年:宝永3(1706)
江戸中期の将棋棋士,7世将棋名人。5世名人2代大橋宗印の次男,幼名印寿。享保1(1716)年,初段で御城将棋に初出勤,以後25局指し18勝6敗1持将棋。13年6世名人3代大橋宗与死去のため史上最年少で7世名人を継ぎ,公命で将棋所(江戸幕府から扶持を給せられた将棋の最高権威者)に任ぜられた。名人就位後技芸を伸ばし,無敵の強さを示して「鬼宗看」と呼ばれた。19年『象戯図式』を幕府に献上,難解な名作詰将棋で,のちに「詰むや詰まざるや百番」と呼ばれた。名人中の名人と称され,没後は後継者がなく史上初の名人空位を記録した。なお,将棋所は江戸末期の6代伊藤宗看(10世名人)が最後で,明治維新によって消滅した。<参考文献>大山康晴『三代伊藤宗看』(日本将棋大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊藤宗看(3代)の関連キーワード伊藤宗看(初代)大橋宗桂(3)大橋宗桂(2)詰め将棋大山康晴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android