コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤愛子(1) さとう あいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤愛子(1) さとう-あいこ

1923- 昭和後期-平成時代の小説家。
大正12年11月5日生まれ。佐藤紅緑(こうろく)の次女。サトウハチローの異母妹。昭和31年田畑麦彦と再婚(のち離婚)。38年「ソクラテスの妻」で注目され,44年「戦いすんで日が暮れて」で直木賞。「猛妻もの」と称される家庭小説がおおい。父の伝記「花はくれない」,自伝的な小説「愛子」もある。平成12年大河小説「血脈」で菊池寛賞。27年「晩鐘」で紫式部文学賞。大阪府出身。甲南高女卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐藤愛子(1)の関連キーワード小説家

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤愛子(1)の関連情報