コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平家谷 へいけだに

5件 の用語解説(平家谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平家谷
へいけだに

平家の落人が隠れ住んだといわれる土地の伝説。多くは山間の僻地であるが離島にも及んでいる。有名なものは九州の五家荘 (ごかのしょう) ,椎葉,米良,喜界島,トカラ列島,四国の祖谷山 (いややま) ,新潟,長野両県境の秋山郷,福島県の只見川の谷々などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へいけ‐だに【平家谷】

平家の残党が隠れ住んだという伝説のある土地。新潟県村上市の三面(みおもて)、徳島県三好市祖谷(いや)、熊本県八代市五家荘(ごかのしょう)など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平家谷【へいけだに】

平家伝説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

へいけだに【平家谷】

平家の落人おちゆうどが隠れ住んだという伝承のある谷。熊本県八代やつしろ市五箇荘ごかのしようなど、各地に伝承がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平家谷
へいけだに

平家の落人(おちゅうど)が隠れ住み着いたとする伝説の地。熊本県の五家荘(ごかのしょう)、宮崎県の椎葉(しいば)・米良(めら)、徳島県の祖谷(いや)、岐阜県の白川、福島県の檜枝岐(ひのえまた)などのほかに、山形県、宮城県などの東北地方の僻村(へきそん)に及び、全国では150か所以上存在している。これらの地の特徴は、他との交通を途絶した秘境であって、一つの治外法権の世界をつくり、物売りたちの入り込むことも少なかった環境である。狩猟や箕(み)作り、木地屋など特殊な機能民が定住した邑落(ゆうらく)か、戦乱を逃れて隠れ住んだ武士の隠田(おんでん)百姓の村が、平家の伝承を口承の流伝のなかから取り入れ、このような伝説の地を生んだと思われる。徳島の祖谷には、安徳(あんとく)天皇が二位の尼と当地で没したとか、平国盛(くにもり)が手兵二百騎で逃れてきたという。熊本の五家荘は、平清経(きよつね)が郎党と隠れたと伝える。小松某の子孫とか、古墳や塔を祀(まつ)る地もある。それらのほとんどは下級宗教家による怨霊鎮撫(おんりょうちんぶ)の平家の語りが、いつしか隠れ里の自己に置き換えられ、さらにその邑落の旧家に武具でも保存されていれば、真実性を加えることになる。周囲にも都への憧憬(しょうけい)や貴種を尊重する心理が働いて、隔絶した地域差と時代差がいつしか平家の末裔(まつえい)を信じるようになったものであろう。[渡邊昭五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平家谷の関連キーワード稲叢山匡廬稗搗節内大臣峡河内赤かぶ蕎麦米雑炊平家伝説朝日〈村〉景清穴泉[村]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平家谷の関連情報