コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保暦間記 ほうりゃくかんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保暦間記
ほうりゃくかんき

保元の乱 (1156) 以降,暦応年間 (1338~42) までの間の歴史を評論した書。5巻。作者は不明だが,南北朝時代戦乱に加わった武家であろうか。 14世紀中頃の作。鎌倉時代後期の幕府内部の争いについては,貴重な記事が点在する。なお,小瀬甫庵刊の同名書物は,甫庵が朱子学的な評論を加えた改作本。『群書類従群』に所収

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうりゃくかんき【保暦間記】

中世の歴史書。著作者は不明。正平年間(1346‐70)の成立か。書名どおり保元1年(1156)の保元の乱から暦応2年(1339)の後醍醐天皇の死のころまでの武権の盛衰を仏教的因果観に基づき治政の得失を批判的に記述した史論。《保元物語》《平家物語》など軍記物を素材としているが,他に見えない記事も多く貴重。ただ後人による改竄と思われる部分もある。《群書類従》所収。【青山 幹哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保暦間記の関連キーワード平禅門の乱霜月騒動源頼茂

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android