コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保険学 ほけんがくinsurance science

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保険学
ほけんがく
insurance science

保険を分析,研究する経済学の一部門。経済学,社会科学としての保険学は,現代社会における保険をめぐる経済的諸現象を分析,解明して,そこでの諸法則を把握しつつ課題を明確にし,その解決と改善を目指すものである。当初保険学は保険者,保険契約者双方の権利,義務および保険約款や判例の研究という保険法に関する学問として発展してきた。しかし 18世紀後半に生命保険が,19世紀末に社会保険が導入されると,生命表や利率などを基礎とする数理的研究がなされるようになった。さらに 19世紀以降は,保険法学や保険数学を個別の保険に関して適用するのでなく,国民経済的視点から総合的に体系づけようとする試みも行われている。日本の保険経済学は経済学の立場からする研究を中心に相当に高い水準に達している。しかし保険経営学に関しては残された課題が多く,ようやく本格的研究が各方面で展開され始めた段階にある。また古い伝統をもつ保険の法律学的研究が盛んで,しかも高水準にあり,依然として独自の分野を形成している。最近では社会保険,社会保障など関連制度との関係で財政論,経済政策論,社会保障論,社会福祉論,家庭経済論,金融論,公害論などの分野の研究者の関心が保険に向けられ,また保険研究者もこれらの分野に対して無関心ではいられない状況が生れつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほけんがく【保険学 insurance science】

保険学の定義については,まだ見解の統一が得られていない。保険は経済現象であるから,それを研究対象とする学問である保険学は経済学の一分野であるとする立場がその一つである。この場合も,保険経済学と保険経営経済学の両方を認める立場と保険経済学だけに限る立場とに分かれる。これらに対して,保険学は,保険という社会事象を研究対象とし,法学,社会経済学,経営経済学,社会学統計学,数学,医学など種々の学問的視点から研究する諸科学の集合科学であるとする立場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

保険学の関連キーワードアルフレッド マーネスボルトキエビチ志田 鉀太郎藤本 幸太郎川井 三郎大林 良一志田鉀太郎村瀬 春雄滝谷 善一粟津 清亮加藤由作滝谷善一マーネス大林良一村瀬春雄石井苗子粟津清亮山辺丈夫稲田勤

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android