コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信越化学工業 しんえつかがくこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信越化学工業
しんえつかがくこうぎょう

総合化学会社。 1926年信越窒素肥料として発足。 40年現社名に変更。 45年大同化学工業を合併。 53年磯部工場でシリコンを製造開始,57年直江津工場で塩化ビニルの製造を開始して総合化学工業に転換。特に半導体シリコン,希土類に強みをもち,排気ガス防止剤など公害部門へも進出している。 60年ポルトガルに三井物産と共同出資の合弁会社シレス設立。 70年鹿島工場を建設しエチレン法による塩化ビニル製造を開始。 73年アメリカに子会社シンテックを設立,塩化ビニルの生産開始。 86年韓国にシンエツシリコーンを設立。塩化ビニル,半導体ウエハ,シリコン樹脂で世界的実績を築く。売上構成比は,有機化学品 41%,電子材料 40%,機能材料 11%,その他8%。年間売上高 6427億 9500万円 (連結。うち輸出 35%) ,資本金 1011億 8600万円,従業員数 3339名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

信越化学工業

正式社名「信越化学工業株式会社」。英文社名「Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.」。化学工業。大正15年(1926)「信越窒素肥料株式会社」設立。昭和15年(1940)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区大手町。化学メーカー。創業事業の化学肥料から業容転換。有機・無機化学品・電子部品材料を扱う。主力の塩化ビニール樹脂・半導体ウエハーのシェアは世界トップクラス。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード4063。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

信越化学工業の関連キーワード信越エンジニアリング日本酢ビ・ポバール信越化学工業(株)三益半導体工業信越アステック信越ポリマー小坂 善太郎長野電子工業ケイ(珪)素小坂 徳三郎信濃電気製錬選択と集中小坂 順造希土類元素信越半導体信越石英石英

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信越化学工業の関連情報