コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倒伏 トウフク

4件 の用語解説(倒伏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐ふく〔タウ‐〕【倒伏】

[名](スル)稲・麦・樹木などがたおれること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

倒伏【とうふく】

作物が生育中に風や雨などによって倒れること。イネ,麦などでは種実中のデンプンの約70%は出穂後できるため,出穂後に倒伏すると稔実(ねんじつ)は悪く収量は減少し,また収穫作業も困難になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうふく【倒伏 lodging】

農作物の地上部が地面に倒れ伏す現象。農作物が発育して草丈が増加し,その上に種子や果実が形成されるようになると,作物体の頂端部にかかる荷重はしだいに大きなものとなる。これに外的要因として風や雨が加わると,自重と外力とに抗し切れず,作物体はしばしば倒伏する。倒伏によって作物体の器官や組織が損傷すると,養水分の移行が妨げられ,種子や果実の成熟は抑えられる。また地面に接する作物体部分は土壌に汚染されたり病虫害におかされたり,場合によっては登熟(とうじゆく)中の種子が発芽を開始したりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうふく【倒伏】

( 名 ) スル
稲などが倒れること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倒伏の関連キーワード温湯浸法根腐れ病農作農作物平伏す臥い伏す倒れ伏す朝採り在来作物

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倒伏の関連情報