祖母山(読み)そぼさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大分県宮崎県県境九州山地北部にそびえる山。標高 1756m。九州山地最高峰で,基盤秩父古生層。その上に新第三紀に噴出した流紋岩や石英安山岩が載り,山容はピラミッド型である。モミツガケヤキカエデなどの原生林に覆われ,高山植物も豊富。ニホンカモシカ(国指定特別天然記念物)が生息頂上からの阿蘇山,九重山,九州山地の各連峰の眺望はすばらしく,祖母傾国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

九州山地北東部,祖母山地の主峰。標高1756m。山地は秩父古生層の基底に祖母火山岩類が重なり,花コウ岩の貫入がありスズ鉱床を形成,近年まで見立,尾平などの鉱山があった。祖母山はブナなどの広葉樹とモミ,ツガなどの針葉樹が茂り豊かな木材資源をなす。祖母傾(かたむき)国定公園の主要部。
→関連項目九州山地高千穂[町]日本百名山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

九州山地の北部,大分・宮崎両県の県境西部に位置する山。祖母傾(そぼかたむき)山地の主峰で,嫗(うば)岳とも呼ばれる。標高1757m。かつては九州第1の高山とされていた。山名は神武天皇の祖母にあたる豊玉姫をまつったことによると伝えられる。地質は秩父古生層を基底とし,その上に上部中新世の祖母山火山岩が噴出する。急峻な壮年期地形であり,とくに北側は臼杵‐八代構造線に面して急斜面をなす。標高1100~1200mを境にして上部はブナを主とする広葉樹林帯,下部はモミ,ツガなどを主とする針葉樹林帯であり,カモシカムササビなどが生息している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

大分県と宮崎県の境にある山。九州山地の一峰。海抜1756メートル。神武天皇の祖母(豊玉姫)をまつることからこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分・宮崎県境西部にそびえる山。九州山地の主峰で、ピラミッド形の美しい山容を示す。標高1756メートル。祖母傾国定公園(そぼかたむきこくていこうえん)に含まれる。神武(じんむ)天皇の皇祖母(豊玉姫(とよたまひめ))を祀(まつ)ることからこの名がある。基底は秩父中・古生層で、新第三紀の祖母火山岩が主体を構成し、一部に花崗(かこう)岩の貫入があって、錫(すず)鉱を含む。標高1100~1200メートルを境に、上部はブナを主とする広葉樹、下部はモミ、ツガ、アカマツなどの針葉樹がよく繁茂し、ヤマネ、ムササビ、ニホンカモシカ(特別天然記念物)などが生息している。紅葉と展望のすばらしいことは、1890年(明治23)に登ったイギリス人ウォルター・ウェストンによって紹介されたが、まだあまり俗化していない。神原(こうばる)登山口から山頂まで徒歩4時間。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

大分・宮崎両県境西部にある山。祖母傾(そぼかたむき)国定公園に含まれ、標高一七五六メートル。神武天皇の祖母、豊玉姫をまつるところからこの名がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android