元寇防塁(読み)げんこうぼうるい

国指定史跡ガイドの解説


福岡県福岡市西区・早良(さわら)区・中央区・東区にある防塁跡。鎌倉時代に北部九州の博多湾沿岸一帯に築かれた石による防御堤。今津地区の毘沙門山と柑子(こうし)岳の間約3.9kmを結ぶように構築された防塁(現存の長さ約2.7km)の大部分が、1931年(昭和6)に国の史跡に指定され、1981年(昭和56)に追加指定があった。「元寇防塁」は、医学部教授でありながら、大正時代に福岡の考古学の発展に貢献した中山平次郎の命名で、石築地(いしついじ)が本来の呼び名。たびかさなる通商要求を拒絶した日本に対し、元は1274年(文永11)に第1次遠征(文永の役)を実行。戦いは日本側の防戦一方だったが、戦後の交渉も使者を殺害するなど強硬策で臨んだ鎌倉幕府は、本格的な異国警護に着手し、異国征伐として高麗出兵を計画、平行して石築地を築造させた。総延長は約20kmに及ぶというのが定説で、内部には小石を詰め、陸側に傾斜をもたせて海側を切り立たせている。今津地区(西区)、西新地区(早良区)、地行地区(中央区)、地蔵松原地区(東区)をはじめ、9地区に防塁が残っている。西新元寇防塁へは、JR山陽新幹線ほか博多駅から西鉄バス「防塁前」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の元寇防塁の言及

【石築地】より

…文永の役後,再度のモンゴル襲来に備えて,鎌倉幕府の命令により博多湾沿岸一帯に築造された防塁。当時は石築地と称されたが,1913年中山平次郎によって〈元寇防塁(げんこうぼうるい)〉と名付けられてからはこの名称が一般に定着した。その築造は文永の役後の1276年(建治2)3月に開始され,同年8月には一応の完成をみた。…

※「元寇防塁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android