光子ロケット(読み)こうしロケット(英語表記)photon rocket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「光子ロケット」の解説

光子ロケット
こうしロケット
photon rocket

光子噴出反動を利用して推進させようというロケット。ロケットが到達できる速度は噴出させるガスの速度に比例する。光の速度は秒速 30万 kmであるから,光子の噴出の反動で飛ぶロケットは最も速くなりうるわけで,これ以上速いロケットは考えられない。このようなロケットは,ドイツの E.ゼンガーが 1953年頃に提案したもので,その構想尾端に巨大な反射鏡を取付け,その焦点にあたる部分で特殊な核反応を行わせ,非常に濃密な光のビームをつくり,その反動で推進させるというものだった。それには完全な反射率をもった反射鏡や反応にあずかった物質のほとんど全質量が光子に転化するような核反応が必要であるが,いまのところは実現の見込みはない。しかし理論的には,太陽系を越えて,他の恒星にまで旅ができるという夢のロケットである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「光子ロケット」の解説

光子ロケット【こうしロケット】

太陽系外への航行用として理論上最大の速度が得られると考えられているロケット。あらゆる粒子のうち最も軽い光子噴射すれば最大の比推力が得られるはずで,宇宙空間で大量の光を集め反射鏡で後方に放射し,光圧で推進する。その速度は光速よりわずかにおそく,特殊相対性理論によりそれに乗る人間は不老であろうという。ただし,光子ロケットの実現性は乏しい。
→関連項目ロケット(工学)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「光子ロケット」の解説

こうし‐ロケット クヮウシ‥【光子ロケット】

〘名〙 (ロケットはrocket) 強力な光の放射を推進力とするロケット。原子核反応によって光源をつくり、これを収束して反射鏡で反射させ、その反動で推進するもの。太陽系外への飛行用として古くから構想されてきたが、実用化の見通しは立っていない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「光子ロケット」の解説

こうし‐ロケット〔クワウシ‐〕【光子ロケット】

光子の束の噴射による反動で推進するロケット。理論上は光の速度に近い速さで飛べるが、実現していない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「光子ロケット」の解説

こうしロケット【光子ロケット photon rocket】

指向性をもつ光(電磁波)を放射し,その反力として推進力を得るという構想に基づくロケット。光子は光速で運動するから,理論上では理想光子ロケットの有効排出速度は光速であり,最高の比推力をもつことになる。ただし実現上最大の問題は効率よく質量を光のエネルギーに変換する適切な方法が見出されていないことで,光子ロケット実現までにはかなりの日時を要するものと思われる。【秋葉 鐐二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android