八潮(市)(読み)やしお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八潮(市)
やしお

埼玉県南東部、東京都に隣接する市。1956年(昭和31)八條(はちじょう)、潮止、八幡(やはた)の3村が合併して八潮村となり、1964年町制、1972年市制施行。約20年間で村から町、町から市へと三段跳びの発展を遂げた。つくばエクスプレスが通じる。また、首都高速6号三郷(みさと)線が走り、八潮と八潮南の出入口がある。東部を中川、西部を綾瀬川(あやせがわ)に挟まれた沖積低地で、各河川沿いには自然堤防が発達している。古くから米作や、ネギを主とした野菜栽培が盛んな農村地帯だった。しかし、都心から20キロメートル圏にあるため、1968年県営草加(そうか)・八潮工業団地、1971年日本住宅公団(現、都市再生機構)の八潮団地、1972年八潮伊草団地が形成され、都市化が著しく進み、人口が急増、農村地帯から工業、住宅都市へと大きく変わった。このため、地盤沈下がひどく、1960年から1975年の間に市域の大半は800~1000ミリメートルの沈下をみた。その後、工業用水法による地下水採取の規制地域に指定され、草加(そうか)市の柿木浄水場から工業用水の給水を受けている。面積18.02平方キロメートル、人口8万6717(2015)。[中山正民]
『『八潮市史』全12巻(1979~1989・八潮市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android