コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八街[市] やちまた

2件 の用語解説(八街[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

八街[市]【やちまた】

千葉県北部の市。1992年市制。下総(しもうさ)台地上にあり,近世の佐倉七牧の一部で,明治時代に開拓された。付近はラッカセイ産地。八街茶を産し,酪農も盛ん。千葉市の北東に接し,1960年ころから大規模な宅地開発が進み,人口は1990年から急激に増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やちまた【八街[市]】

千葉県中央部の市。人口6万5218(1995)。1992年市制。下総台地の中央部に位置する。中世からの馬牧であり,江戸時代には佐倉七牧のうちの柳沢牧と小間子牧があった。1869年(明治2)に東京の豪商が東京府下の窮民救済のため下総開墾会社を設立して開墾事業を始めたが,このとき,第8番目の開墾地の意味で〈八街〉という名がつけられた。中心集落は総武本線の開通後,駅を中心につくられ,農産物集散地として発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八街[市]の関連キーワード青森君津高知佐倉多久千葉東金茂原八街

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone