コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六兵衛(2) ろくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六兵衛(2) ろくべえ

1808-? 江戸時代後期の漂流民。
文化5年生まれ。越中富山の長者丸乗組員。天保(てんぽう)9年仙台沖で遭難。5ヵ月の漂流後,翌年アメリカの捕鯨船に救助されハワイに上陸。のちオホーツク,アラスカをへて14年択捉(えとろふ)島に帰着嘉永(かえい)元年次郎吉,金蔵,太三郎とともに帰郷した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

六兵衛(2)の関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)ドルトン(John Dalton)1808年5月3日クライストスペイン独立戦争カルロス(4世)ゴヤ(Francisco de Goya y Lucientes)ゴヤ(年譜)スペイン独立戦争多祉宮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android