コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六十里越街道 ろくじゅうりごえかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六十里越街道
ろくじゅうりごえかいどう

山形県中部,出羽山地を東西に横断する街道。全長 105km。一部は国道 112号線となっている。山形市から月山 (1984m) の南西斜面を越えて鶴岡市にいたる。途中に大越峠 (913m) があり,冬季には 5mをこす豪雪により通行不能であったが,改修工事が進められた。出羽三山行者の参拝路として利用され,街道沿いには宿坊社務所が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

六十里越街道の関連キーワード六十里越(山形)西川町田麦俣櫛引白岩朝日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android