コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木鐸 ボクタク

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐たく【木×鐸】

古代中国で、法令などを広く人民に示すときに振り鳴らした、木の舌のついている大きな鈴。
《「論語」八佾(はちいつ)から》世の人を教え導く人。社会の指導者。「社会の木鐸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

木鐸

鐸は法令を宣布する時に振って鳴らした大型の鈴ようのもの。文事には木の舌のもの(木)、武事には金の舌のもの(金鐸)を用いた。諸国遊説を続ける孔子一行に、国境の小村の役人は、天下に道なく乱れた世を導くよう「天は師を木鐸として下されたのです」といってねぎらった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼくたく【木鐸】

舌(振子)を木で作った金属製の鈴。昔中国で法令などを人民に触れて歩くときにならしたもの。金口木舌。
(転じて)世人に警告を発し教え導く人。 「社会の-」 「世の-として立たん/復活 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木鐸
ぼくたく

木の舌のある金属製の大きな鈴。古代中国では、政令を布告する際、この木鐸を鳴らして人民を市や村の辻(つじ)などに集め、説明をする習わしがあった。『論語』「八(はちいつへん)」に「天下これ道なきや久し。天まさに夫子を以(もっ)て木鐸となさんとするごとし」などとあるように、これから転じて、世論を喚起し、民衆を教え導く人物をなぞらえることばとなった。なお、舌も金属製のものは金鐸といって、軍事に関する件の布告に用いられた。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木鐸の関連キーワード卓・宅・度・托・択・拓・擇・柝・沢・澤・琢・磔・託・謫・鐸パース(Charles Sanders Peirce)パーソンズ(Talcott Parsons)シュッツ(Alfred Schutz)墨・僕・卜・墨・撲・木・朴・牧・睦キリスト教民主同盟ニコライ(2世)ベルンシュタイン現象学的社会学アナール学派メキシコ美術経済学方法論トーピッチュ近代経済学口を濡らすゲルマン法安井琢磨ルーマンミヘルスブーグレ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木鐸の関連情報