コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其れ其れ ソレソレ

3件 の用語解説(其れ其れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

それ‐それ【×其れ×其れ】

[感]
人に注意を促したり、行動を促したりするときに用いる語。さあさあ。「其れ其れ、早くしないと間に合わないよ」
相手の意見に同意するときに用いる語。そうだそうだ。「其れ其れ、そのとおり」
[代]遠称の指示代名詞。複数の事物や人を指し示す。かれこれ。だれかれ。
「今めかしきは―と選(え)り整へさせ給ふ」〈・絵合〉

それ‐ぞれ【×其れ×其れ/夫れ夫れ】

複数の物・人の、ひとつひとつ・ひとりひとり。おのおの。めいめい。副詞的にも用いる。「―が自分の道を選ぶ」「地方によって―習慣が違う」
[用法]それぞれ・おのおの――「持っていく荷物のそれぞれ(おのおの)に名札をつける」「切符はそれぞれ(おのおの)自分で持ちなさい」のようにひとつひとつの意では相通じて用いられる。◇「それぞれ」は、「人それぞれに好みが違う」「映画も芝居もそれぞれ魅力がある」のように、複数の人や物の個々を異なるものとしてとらえる傾向がある。この場合に「おのおの」を使うのは適当でない。また、「それぞれ」は人や物だけでなく事柄についても用いて、「料理、洋裁それぞれに才能を発揮する」などという。◇「おのおの」は、「会員のおのおのが意見を言った」「出品されたどの作品もおのおの力作である」のように、ひとりひとり、ひとつひとつを同列に扱って、個を含んだ全体という意味合いがある。◇類似の語に「めいめい」がある。「めいめい」は、人についてのみ使う。全体を問題とせず、ひとりひとりという意味で使う。「切符はめいめいお持ち願います」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

それそれ【其れ其れ】

( 代 )
不定称。名をいうことを省略して、二人以上の人をいうときに用いる。だれかれ。あの人とあの人と。 「誰々か、と問へば、-といふ/枕草子 106
( 感 )
人に注意を促すときに発する語。 「 -、そこに穴があるから気をつけて」
相手に同意を示すときに発する語。そうそう。 「和尚も聞き給ひて-とのたまふ/仮名草子・浮世物語」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

其れ其れの関連キーワード一粒一つ子一続き一包み一つ一つ一粒種一人一人一つ娘嘘をもうひとつだけ新潟ひとつまみ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone