其れ其れ(読み)ソレゾレ

デジタル大辞泉「其れ其れ」の解説

それ‐ぞれ【×其れ×其れ/夫れ夫れ】

複数の物・人の、ひとつひとつ・ひとりひとり。おのおの。めいめい。副詞的にも用いる。「―が自分の道を選ぶ」「地方によって―習慣が違う」
[用法]それぞれ・おのおの――「持っていく荷物のそれぞれ(おのおの)に名札をつける」「切符はそれぞれ(おのおの)自分で持ちなさい」のようにひとつひとつのでは通じて用いられる。◇「それぞれ」は、「人それぞれに好みが違う」「映画も芝居もそれぞれ魅力がある」のように、複数の人や物の々を異なるものとしてとらえる傾向がある。この場合に「おのおの」を使うのは適当でない。また、「それぞれ」は人や物だけでなく事柄についても用いて、「料理、洋裁それぞれに才能を発揮する」などという。◇「おのおの」は、「会員のおのおのが意見を言った」「出品されたどの作品もおのおの力作である」のように、ひとりひとり、ひとつひとつを同列に扱って、個を含んだ全体という意味合いがある。◇類似の語に「めいめい」がある。「めいめい」は、人についてのみ使う。全体を問題とせず、ひとりひとりという意味で使う。「切符はめいめいお持ち願います」
[類語]各各個個別別

それ‐それ【×其れ×其れ】

[感]
人に注意を促したり、行動を促したりするときに用いる語。さあさあ。「其れ其れ、早くしないと間に合わないよ」
相手の意見に同意するときに用いる語。そうだそうだ。「其れ其れ、そのとおり」
[代]遠称指示代名詞。複数の事物や人を指し示す。かれこれ。だれかれ。
「今めかしきは―とり整へさせ給ふ」〈絵合

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる