内懐(読み)ウチブトコロ

デジタル大辞泉の解説

うち‐ぶところ【内懐】


㋐和服の襟を合わせて着たとき、肌に近い内側の懐中。⇔外懐(そとぶところ)
㋑洋服で、内ポケット。
他人には知られたくない心の中のようす。内情。内幕。「内懐を見透かされる」
相撲で、構えたときの胸の辺り。「内懐に頭をつける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちぶところ【内懐】

肌に近い、内側のふところ。 ⇔ 外懐そとぶところ 「 -深くしまう」
内心。内情。内幕。 「 -を見透かされる」
相撲で、かまえた両腕と胸の間の空間。 「 -が深い」 「 -に飛びこむ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ぶところ【内懐】

〘名〙
① 膚に近いふところ。和服のえりを合わせたとき、下前と膚との間につける袋。また、洋服では上着の内ポケットをいう。⇔外懐
※浮世草子・好色一代女(1686)六「内(ウチブトコロ)より手を入」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一〇「釦(ぼたん)を一つ外(はづ)して、内懐(ウチブトコロ)へ手を入れた」
相撲の立ち合いで、かまえたときの胸部のあたり。「内ぶところに飛び込む」
③ 物などに囲まれて奥深くなったところ。
※白樺になる男(1925)〈十一谷義三郎〉三「彼等の姿が〈略〉湖水の内ぶところへ隠れてゆくのを見送った」
④ 心のうち。内部の事情。内幕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android