コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無関普門 むかん ふもん

美術人名辞典の解説

無関普門

鎌倉後期の臨済宗の僧。南禅寺開祖。信濃生。初め法諱を玄悟・玄象と称した。顕密二教を学び、東福寺円爾の法を嗣ぐ。越後華報寺を開創。のち入宋し、浄慈寺断橋妙倫の印可を受けた。帰国後、各地を歴住し東福寺三世となる。亀山上皇帰依を得て離宮禅林寺殿を太平興国南禅寺とし、その開山となった。正応4年(1291)寂、80才。諡号大明国師

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むかんふもん【無関普門】

1212‐91(建暦2‐正応4)
鎌倉中期の臨済宗聖一(しよういち)派の僧。諱(いみな)は玄悟,房号を普門という。信濃国(長野県)に生まれた。13歳のとき,越後国正円寺で得度,1230年(寛喜2)上野国長楽寺の釈円房栄朝に参じ,菩薩戒を受け,顕密の二教を学んだ。のち,帰朝間もない東福寺の円爾弁円(えんにべんえん)の会下(えか)に入り,5年の修禅ののち,51年(建長3)40歳にして入宋。浄慈(じんず)寺の断橋妙倫(だんきようみようりん)に参じて奥旨を極めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むかんふもん【無関普門】

1212~1291) 鎌倉中期の臨済宗の僧。信濃しなのの人。南禅寺派の祖。諡号しごうは仏心禅師・大明国師。東福寺の円爾えんにに禅を学ぶ。1251年入宋、12年後に帰国。91年、南禅寺開山。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無関普門
むかんふもん
(1212―1291)

鎌倉時代の臨済(りんざい)宗聖一(しょういち)派の僧。竜吟(りょうぎん)門派の祖。諱(いみな)を玄悟、普門房と称した。信濃(しなの)(長野県)の人で、初め越後(えちご)(新潟県)正円寺の寂円に就(つ)き、19歳で上州(群馬県)長楽寺の釈円栄朝に師事、上洛(じょうらく)して円爾(えんに)に参じ嗣法(しほう)する。ついで入宋(にっそう)、断橋妙倫(だんきょうみょうりん)らに参じ在宋12年ののち帰朝。1281年(弘安4)東福寺3世となる。亀山(かめやま)上皇は東山の離宮禅林寺殿を禅院として無関に施捨(せしゃ)、これが後の南禅寺である。これを契機に禅宗と宮廷がいっそう接近し、禅宗発展の基礎となった。正応(しょうおう)4年12月12日示寂。諡(おくりな)は大明(だいみょう)国師。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

無関普門の関連キーワード京都府京都市左京区南禅寺福地町南禅寺境内南禅寺派東海竺源無関玄悟規庵祖円

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android