コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠島 カンムリジマ

4件 の用語解説(冠島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんむり‐じま【冠島】

京都府北部、大浦半島最北端成生(なりう)岬の北西9キロメートルの日本海上に位置する無人島。舞鶴市に属する。面積0.1平方キロメートル、標高169メートルで、周囲は断崖。島全体がオオミズナギドリ繁殖地として国の天然記念物に指定されている。大島(おしま)。雄島(おしま)。常世(とこよ)島。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕冠島(かんむりじま)


京都府北部、若狭(わかさ)湾にある無人島。面積0.4km2。舞鶴(まいづる)市に属する。大島(おおしま)・雄島(おしま)とも。対馬(つしま)海流の影響で暖地性樹林におおわれる。北方の沓島(くつのしま)(小島)とともに、オオミズナギドリ繁殖地として国の天然記念物に指定。若狭湾国定公園に属する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冠島
かんむりじま

京都府北部、成生(なりゅう)岬北北西約10キロメートルにある島。周囲約4キロメートル。舞鶴(まいづる)市に属するが無人島である。大島ともよばれ、隣接する沓(くつ)島(小島)とあわせて沖の島とも称する。若狭湾(わかさわん)国定公園の一部で、対馬(つしま)暖流の影響で暖地性広葉樹の原生林をなし、またオオミズナギドリの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。島の周辺はダイビングの人気ポイントとなっている。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の冠島の言及

【舞鶴[市]】より

…北部中央に若狭湾西部の支湾舞鶴湾が湾入し,東・南・西の三方を山に囲まれる。市域西部を由良川が北流して宮津市境で若狭湾に注ぎ,北方海上には冠島(大島),沓(くつ)島(小島)が浮かぶ。舞鶴湾の湾奥は東西に分かれ,西湾奥に西舞鶴,東湾奥に東舞鶴の市街地がある。…

※「冠島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冠島の関連情報