コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出入事 でいりごと

世界大百科事典 第2版の解説

でいりごと【出入事】

能・狂言の用語。謡(うたい)がなく囃子と所作から成る囃子事小段のうち,立方(たちかた)の登・退場に用いられるものの総称。登場に用いるものを〈出端事(ではごと)〉,退場に用いるものを〈入端事(いりはごと)〉と呼ぶが,〈来序(らいじよ)〉や〈早鼓(はやつづみ)〉のように,その前半で前役のシテツレなどが退場し,後半でアイなどの後役が登場するものもある。 出端事は種類が多いが,おもに大鼓(おおつづみ)・小鼓(こつづみ)で奏される大小物と,太鼓が加わる太鼓物,その他のものの三つに大きく分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の出入事の言及

【次第】より

…笛,小鼓,大鼓で奏演するが,笛は大鼓,小鼓のリズムに合わせずに所定の部分だけで奏する。出入事(でいりごと)のなかでは最も多くの演目に用いられ,登場する役柄によってテンポの遅速の差が大きく,位(くらい)取リ()にも幅がある。直後には必ず謡事の次第を伴う。…

※「出入事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

出入事の関連キーワード日本エア・リキード次第

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android