コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分米(読み)ぶんまい

百科事典マイペディアの解説

分米【ぶんまい】

中世,荘園国衙(こくが)領で年貢(ねんぐ)として納めた米をいう。1反当たりの斗代(とだい)(年貢徴収率)に面積を掛けて算出するが,納めるものにより分籾(もみ)・分銭・分絹(けん)・分鉄などとされた。江戸時代には検地で定められた耕地の石高(こくだか)をいい,やはり石盛(こくもり)に反数を掛けて算出するが,多くは田畑屋敷を上・中・下などの等級に分けて集計した場合(検地帳)などに用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんまい【分米】

(1)中世の荘園,公領において,ある耕地の年貢として納めた米のこと。荘園,公領の1反当りの年貢徴収率(斗代(とだい))にその耕地の面積を掛け合わせて算出した。例えば,5斗代の田2反180歩の分米は1石2斗5升となる。しかし年貢の内容によって異なり,籾(もみ)で納める場合は分籾,銭の場合は分銭といい,分絹,分鉄などもみられる。例えば1271年(文永8)7月日の備中国新見荘作田惣目録(〈白河本東寺百合文書〉)によれば,新見(にいみ)荘内の吉野村では,他地域とは異なって〈段別五両〉の分鉄が賦課されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんまい【分米】

中世、土地の年貢米。斗代とだいに土地面積をかけあわせたもの。
近世、検地による土地の公式の収穫高。石盛こくもりに面積をかけあわせたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の分米の言及

【石高制】より

…給人の知行高は名目上は変わらないが実質は削減され,蔵入地が増加するので,給人は痛手をうけた。 分米(ぶまい∥ぶんまい)検地の際,一筆ごとに面積を測り,田畠の等級に応じて定められた石盛に基づいて計算された石高。中世では斗代(1反当りの年貢徴収率)に面積を乗じたもので,年貢高に相当する。…

【石高制】より

…給人の知行高は名目上は変わらないが実質は削減され,蔵入地が増加するので,給人は痛手をうけた。 分米(ぶまい∥ぶんまい)検地の際,一筆ごとに面積を測り,田畠の等級に応じて定められた石盛に基づいて計算された石高。中世では斗代(1反当りの年貢徴収率)に面積を乗じたもので,年貢高に相当する。…

【高】より

…鎌倉時代以来の貫高,室町後期以来の永高の名称は,太閤検地以降石高制が施行されるに及んですたれた。中世で租米量を表した〈分米(ぶんまい)〉という語が,近世になると法定収穫量を表すようになったが,この分米のことを高と呼ぶ場合も多くなった。しかし一部分の土地の石高をいう場合には依然として分米という語が使われることもあり,村全体の石高を集計した村高をいう場合には,分米といわず高といった。…

※「分米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分米の関連情報