コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜田川 たつたがわ

6件 の用語解説(竜田川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜田川
たつたがわ

奈良県北西部を流れる川。大和川の支流。全長 15km。生駒山地付近に源を発し,生駒谷を南流して斑鳩町南部で大和川に注ぐ。上流を生駒川,中流を平群川ともいう。東岸は古代文化の中心の斑鳩地域。付近には三室山,竜田大社,奈良志岡などの名所,旧跡が多い。下流の両岸は紅葉の名所として知られ,県立公園になっている。古歌に詠まれた竜田川は,王寺町より下流の大和川本流と考えられている。川沿いに近畿日本鉄道生駒線が通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たつた‐がわ〔‐がは〕【竜田川/立田川】

奈良県北西部、生駒山地の東側を南流して大和川に注ぐ川。古くからの紅葉の名所。上流を生駒川という。[歌枕]
「―もみぢば流る神なびのみむろの山に時雨(しぐれ)ふるらし」〈古今・秋下〉
《古今集・秋下の「たつた川もみぢ乱れて流るめり渡らば錦なかや絶えなむ」から》模様の名。流水にもみじの葉を散らしたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

竜田川

古典落語の演目のひとつ。「千早(ちはや)振る」の別題。オチは間抜オチ。主な登場人物は、隠居、職人。在原業平の短歌「ちはやふる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」を題材にしたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たつたがわ【竜田川】

奈良県北西部の生駒山北部に発して,生駒山地と矢田丘陵の間の構造谷を南流し,生駒郡斑鳩(いかるが)町南西部,三室(みむろ)山の南で大和川に合流する川。長さ約15km,流域面積約54km2。上流部は生駒川,中流部は平群(へぐり)川と呼ばれる《古今集》巻五に載る在原業平の歌〈千早ぶる神世もきかず竜田川から紅いに水くくるとは〉など古歌に詠まれた竜田川(立田川)は,合流してからの大和川本流をさすと考える説が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たつたがわ【竜田川】

◇ 奈良県北西部、生駒山地の東麓を南流し、斑鳩町の南で大和川に注ぐ川。上流を生駒川、中流を平群へぐり川という。紅葉もみじの名所。⦅歌枕⦆ 「ちはやぶる神世もきかず-から紅に水くくるとは/古今 秋下
模様の名。流水に紅葉の葉を散らしたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜田川
たつたがわ

奈良県北西部を流れる川。延長約15キロメートル。生駒(いこま)山地と矢田丘陵との間の生駒谷を南流し、生駒郡斑鳩(いかるが)町で大和(やまと)川と合流する。上流を生駒川、下流を竜田川という。斑鳩町竜田地区の両岸はカエデが多くもみじの名所として知られ、県立矢田自然公園に指定されている。竜田大橋を中心に数百メートルの間の紅葉はとくにみごとで風趣に富む。沿岸には三室山(みむろやま)や磐瀬(いわせ)ノ森などの歌枕(うたまくら)が多い。なお、古歌の竜田川は王寺(おうじ)町より下流の大和川本流をさすとも考えられている。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜田川の関連情報