コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初詣 はつもうで

世界大百科事典 第2版の解説

はつもうで【初詣】

正月元旦の早朝,社寺参詣する習俗で,ふつう除夜の鐘をきいてすぐ参詣に行くのを二年まいりと称している。都会の民俗として全国的に広まったが,とくに年の神のやってくる恵方(えほう)の方角にある社寺に参るのがよいとされた。恵方は陰陽道の知識に基づくもので,幸運のもたらされる方角とされている。恵方参りの初詣は,江戸時代,京,大坂,江戸を中心に,節分の夜行われていたが,一方,大晦日の夜,家の主人が氏神の社にこもったり,社前でたき火をして徹夜する風習があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初詣の関連キーワード祝いの水・祝の水東京都渋谷区箭弓稲荷神社成田山新勝寺鶴岡八幡宮弥彦神社明治神宮正月行事長田神社鵜戸神宮栃木県大麻山縁起物破魔弓犇めく初参り初詣で正月遠足元日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初詣の関連情報