前田河 広一郎(読み)マエダコウ ヒロイチロウ

20世紀日本人名事典「前田河 広一郎」の解説

前田河 広一郎
マエダコウ ヒロイチロウ

大正・昭和期の小説家



生年
明治21(1888)年11月13日

没年
昭和32(1957)年12月4日

出生地
宮城県仙台市

学歴〔年〕
宮城県立一中〔明治38年〕中退

経歴
中学中退後上京して新紀元社に入社。「新紀元」廃刊後は農業などをして、明治40年渡米。シカゴで様々の仕事をし、在米社会主義者と交わり短篇「二十世紀」などを発表。大正5年シカゴからニューヨークに移り「今日の日本文壇」を発表。第一次大戦後は「日米週報」の編集長となり、9年13年間の在米生活を打ち切って帰国。「中外」編集長となり11年「三等船客」を刊行。以後「赤い馬車」「麵麭」「最後に笑ふ者」「快楽師の群」などを刊行。「文芸戦線」に参加し、プロレタリア文学作家として活躍。他の著書に「支那」「蘆花伝」「青春の自画像」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「前田河 広一郎」の解説

前田河 広一郎 (まえだこう ひろいちろう)

生年月日:1888年11月13日
大正時代;昭和時代の小説家
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android