コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割地・地割 わりち・じわり

百科事典マイペディアの解説

割地・地割【わりち・じわり】

農民の耕作地を一定年限ごとに交換する江戸時代の慣行。新田など生産力の不安定な地域に多くみられ,農民の年貢負担を均等化する役割を果たした。村落共同体の慣行と藩政策として行われる場合とがあり,田地のみの割替と,畑や山林(山林の場合は山分けという)に及ぶものがあった。
→関連項目預地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

割地・地割の関連キーワード割地・地割地割制度割地制度

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android