割地・地割(読み)わりち・じわり

百科事典マイペディア「割地・地割」の解説

割地・地割【わりち・じわり】

農民の耕作地を一定年限ごとに交換する江戸時代の慣行新田など生産力の不安定な地域に多くみられ,農民の年貢負担を均等化する役割を果たした。村落共同体の慣行と藩政策として行われる場合とがあり,田地のみの割替と,畑や山林(山林の場合は山分けという)に及ぶものがあった。
→関連項目預地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android