コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割地・地割 わりち・じわり

1件 の用語解説(割地・地割の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

割地・地割【わりち・じわり】

農民の耕作地を一定年限ごとに交換する江戸時代の慣行。新田など生産力の不安定な地域に多くみられ,農民の年貢負担を均等化する役割を果たした。村落共同体の慣行と藩政策として行われる場合とがあり,田地のみの割替と,畑や山林(山林の場合は山分けという)に及ぶものがあった。
→関連項目預地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

割地・地割の関連キーワード請作交易逃散作手分地制限令割地換地耕作権小作地底土権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone