創(漢字)

普及版 字通「創(漢字)」の解説


常用漢字 12画

(異体字)
8画

[字音] ソウ(サウ)
[字訓] きず・はじめる・つくる・はじめ

[説文解字]
[金文]

[字形] 形声
声符は倉(そう)。〔説文〕四下を正とし、「傷つくなり。に從ひ、一に從ふ」とし、重文として創を録する。いま創傷の字に創を用いる。創始の意には、がその初文と考えられる。は鋳型を刀で割く形。鋳型を外して制作のものをとり出すので、創出の意となる。・創・はもとそれぞれ立意のある字で、は創傷、創はその形声の字、が創出の意を示す字である。いま創を創傷・創始の両義に用いる。

[訓義]
1. きず、きずつける、きずつく。
2. はじめる、つくる、はじめ。
3. こりる。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕創 ハジム・コロス・サク・キル・コバム〔字鏡集〕創 イタム・サク・キル・キズ・ハジム・ヤブル・ツク・ハゲシ・コハシ・コロス・キルキズ・キヅツク・コバム

[語系]
創()・瘡・愴tshiang、傷・慯・殤sjiangは声義が近い。創はの形声の字、瘡・愴は創傷の意を承ける。傷はもと創傷の意ではなく、(しよう)は昜(よう)(陽、玉光)を蓋(おお)って、その魂振りの機能を損傷する意。声義は近いが、字義の由来するところの異なる字である。

[熟語]
創痍創意創夷・創創乂・創・創基創鉅創距・創業・創見・創痕・創作・創残・創始・創出・創傷・創刃・創制創世・創設・創・創楚・創造・創痛・創定・創統・創毒創瘢・創物創闢・創弁・創立
[下接語]
開創・寒創・咬創・重創・傷創・刃創・草創・懲創・刀創・独創・被創

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android