コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝浦[温泉] かつうら

1件 の用語解説(勝浦[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かつうら【勝浦[温泉]】

和歌山県南部,東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦町にある温泉。単純硫化水素泉,27~60℃。熊野灘から深く入り込んだ勝浦湾の湾奥にあり,近代的な温泉旅館が立ち並ぶ。古くから湾岸各所に温泉が湧き出ており,熊野参詣者が足をとめた。1959年紀勢本線が全通すると,吉野熊野国立公園の観光基地として急激に発展し,白浜温泉と並ぶ南紀の代表的な温泉郷となった。紀ノ松島の島嶼(とうしよ)群の景勝や忘帰洞などの洞窟ぶろがあり,四季を通じて観光客でにぎわう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の勝浦[温泉]の言及

【那智勝浦[町]】より

…町域北東部には熊野三山の一つ熊野那智大社(熊野大社)をはじめ,西国三十三所の第1番札所青岸渡(せいがんと)寺,〈女人高野〉とも呼ばれる妙法山阿弥陀寺などがあり,一大霊場を形成する。一方,那智湾に臨む勝浦を中心に南紀を代表する温泉郷(勝浦温泉)がひらけ,信仰と観光の町である。また海岸部は天然の良港をなし,勝浦はカツオ・マグロ漁の根拠地でもあり,宇久井(うぐい)は南紀の海の玄関としてフェリーの寄航地となっている。…

※「勝浦[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勝浦[温泉]の関連キーワード熊野古座川青岸渡寺那智那智火祭串本烏帽子山熊野那智大社牟婁なち

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone