勤労感謝の日(読み)きんろうかんしゃのひ

  • きんろうかんしゃのひ キンラウ‥
  • きんろうかんしゃのひ〔キンラウカンシヤ〕
  • 書名

ビジネス用語集の解説

勤労感謝の日とは、国民の祝日のことをいい、
毎年11月23日が勤労感謝の日にあたります。

勤労感謝の日は、「勤労をたっとび、生産を祝い、
国民たがいに感謝しあう」という精神のもと1948年に制定されています。

もともとの起源戦前の新嘗祭(にいなめさい)であり、
収穫を感謝する儀礼であったとされています。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

国民の祝日の一。11月23日。勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日。もと、新嘗祭にいなめさい[季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

11月23日。「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」国民の祝日。1948年(昭和23)制定された。その前は国の祭日で、天皇が新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、自らも食する新嘗祭(にいなめさい)という祭事の日であった影響でこの日はいまも農業関係者の祭典の色彩が濃くみられる。[森脇逸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 国民の祝日の一つ。一一月二三日。勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日とするもの。かつての新嘗祭(にいなめさい)の日にあたる。《季・冬》
※国民の祝日に関する法律(1948)二条「勤労感謝の日 十一月二十三日」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勤労感謝の日の言及

【新嘗祭】より

…宮中の儀式の一つで,11月23日天皇が新穀を天神地祇に供え,天皇みずから食す。旧祝祭日の一つであったが,第2次大戦後〈勤労感謝の日〉として国民の祝日の一つとなった。律令制では,11月〈上卯相嘗祭,下卯大嘗祭〉(《令義解》)と規定し,後者は新嘗に相当するが区別ははっきりしておらず,後になって,一年一度のを〈新嘗〉,天皇一代一度のを〈大嘗〉と区別するようになった。…

※「勤労感謝の日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勤労感謝の日の関連情報