コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウ

デジタル大辞泉の解説

こう【鴻】[漢字項目]

人名用漢字] [音]コウ(漢) [訓]ひしくい おおとり
鳥の名。オオハクチョウ。「鴻鵠(こうこく)鴻毛
鳥の名。ヒシクイ。ガンの一種。「鴻雁(こうがん)」
大きい。「鴻恩鴻基鴻業鴻儒
[名のり]とき・ひろ・ひろし

ひし‐くい〔‐くひ〕【×鴻/××喰】

カモ科の鳥。全長83センチくらい。体は褐色、くちばしは黒く先に黄色帯がある。ユーラシア北部で繁殖、日本には冬鳥として飛来。ヒシの実や草を食べる。天然記念物。沼太郎。おおがり。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

鴻の関連キーワード長野県上高井郡小布施町小布施楽しみ尽きて哀しみ来たる福岡県福岡市中央区城内大阪府東大阪市鴻池元町安在鴻(あんじぇほん)楽しみ尽きて哀しみ来る埼玉県鴻巣市本宮町スナフキンの手紙ビー・ヒア・ナウ命は鴻毛より軽し高井鴻山記念館オオハクチョウシュイベイホン日本の空の下でハッシャ・バイ時移り事去るマーホンコイ比田井天来東京ノートウーフォン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鴻の関連情報