コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千人塚 センニンヅカ

3件 の用語解説(千人塚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんにん‐づか【千人塚】

戦地・災害地・刑場跡など多くの死者を出した地に、その霊を供養するためにつくられた塚。万人塚。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんにんづか【千人塚】

戦場・災害地・刑場などの跡に、多くの死者を供養するために建てた塚。万人塚。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千人塚
せんにんづか

災害とか戦争などの変事によって一度に多数の死者を葬った場所の伝説。関東以南に散在している。たとえば、千葉県山武(さんぶ)郡片貝町(現九十九里町)にあるそれは、1601年(慶長6)の海嘯(かいしょう)で溺死(できし)した者を葬るというが、また改宗に従わず領主と戦って殺された者たちを埋めたとも伝えている。栃木県下都賀(しもつが)郡皆川村岩出(現栃木市)には、1586年(天正14)における北条氏と皆川氏の合戦の戦死者を埋めた塚が13ある。そのなかの最大のものを千人塚とよんで、毎年旧7月16日に供養の勤行をしている。静岡県浜名郡積志(せきし)村(現浜松市)の千人塚は、1572年(元亀3)の武田信玄(しんげん)と徳川家康の戦いの死者の山を塚としたものと伝えている。岐阜県益田(ました)郡小坂(おさか)町大島(現下呂(げろ)市小坂町大島)の諏訪(すわ)神社前畑中にある千人塚は、昔この地で戦った戦死者の遺骸(いがい)と武器を収めた供養塚で、ここを掘ろうとした者は祟(たた)られたと伝えている。千人塚埋葬のほとんどが戦争被害者であるが、鉱山の陥没とか、切支丹(キリシタン)信者の断罪、多くの餓死者などの埋葬場所としたものもある。食に困った者に椀(わん)を貸したという椀貸し塚のモチーフを備えた静岡県榛原(はいばら)郡白羽村(現御前崎市)のような千人塚の伝承もある。そのほか、供養堂や地蔵堂を併設した塚もある。[渡邊昭五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千人塚の関連キーワード戦地鳥取地震二次災害人人被害地風水害クラカタウ島激戦地摩文仁岳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千人塚の関連情報