コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半尻 はんじり

5件 の用語解説(半尻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半尻
はんじり

平安時代末期から皇族や上級公家 (摂家,清華) の子息に用いられた装束の一種。童子用の狩衣 (かりぎぬ) に類するもので,後身の裾 (尻) が前身の裾より短く,身幅もやや細い。前張 (まえばり) という袴と合せて使用した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんじり【半尻】

公家の衣服の一種。半尻の狩衣(かりぎぬ)の略。平安時代初期から中期にかけて狩猟用として着られた狩衣が,その後,日常着として用いられ,また行動の便を考えて後ろの裾を短くしたものを半尻と呼ぶようになった。江戸時代にはもっぱら幼年用として,皇太子,親王,摂関家の子どもが着用した。皇太子,親王の半尻には二陪(ふたえ)織物,それ以外は浮織物を表地に用い,裏地は襲(かさね)の色による色染めの平絹。袖括(くく)りに差しとおした左右撚り紐を毛抜形にしたり,華鬘(けまん)結びとして飾った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半尻
はんじり

平安時代以降、公家(くげ)男子が用いた狩衣(かりぎぬ)の一種。普通の狩衣より後ろの裾(すそ)(尻)が短いため、半尻とよばれた。近世になると、親王、公卿(くぎょう)家の童(わらわ)が儀式のときに用いる装飾的な衣服となり、その地質は摂家以上の者が二重(ふたえ)織物、清華家の者は浮織物を使うとされ、夏には生織(きお)りのもののほか、顕文紗(しゃ)が用いられた。その袖口(そでぐち)に左右撚(よ)りの紐(ひも)をさし通してから毛抜形にしたり、あわび結びにして綴(と)じ付け、またその中に菊綴(きくとじ)をつけたりした。半尻装束には、指貫(さしぬき)をはくか、前張(さいばり)の大口袴(おおぐちばかま)といって、前側の生地(きじ)に緯糸(よこいと)の太い大精好(おおせいごう)を用いて仕立てた張りの強い白い袴をはいた。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

半尻の関連情報