コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉泉洞 ぎょくせんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉泉洞
ぎょくせんどう

沖縄県沖縄島南部,南城市にある石灰洞鍾乳洞)。雄樋川沿いの前川地区に開口する。所在は古くから知られていたが,1967年に愛媛大学学術探検部によって初めて本格的な調査がなされた。20万~50万年前にできたものとされ,全長約 5kmのうち約 890mが観光洞として公開されている。洞内では何種類もの鍾乳石石筍,石柱などが見られ,その神秘的な景観は東洋一といわれる。石灰洞を中心にハブ博物公園や昔の町並みを再現した琉球王国城下町などの施設がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょくせん‐どう【玉泉洞】

沖縄県、沖縄本島南東部にある鍾乳洞。南城玉城(たまぐすく)の雄樋(ゆうひ)川下流に位置する。30万年前に形成されたとされ、主洞と枝洞とを合わせた総延長は約5000メートル。昭和42年(1967)から愛媛大学学術探検部による探検・調査が行われ、現在は890メートルが観光洞として公開されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくせんどう【玉泉洞】

沖縄県,沖縄島(本島)南部,玉城(たまぐすく)村前川にある鍾乳洞。1967年愛媛大学学術探検部の調査隊によって発見され,洞穴の全貌が明らかにされた。その中核をなす玉泉洞は,全長3600m,接続洞穴を含めると約5000mで,長さでは安家(あつか)洞に次いで全国第2位である。1972年主洞の800mが観光洞として公開され,数種の鍾乳石,石筍,石柱,洞内を走る地下川の清流などが見られる。【田里 友哲】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕玉泉洞(ぎょくせんどう)


沖縄島南部、南城(なんじょう)市にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。1.6kmの主洞から8本の支洞を分ける。総延長約5kmは岩手県の安家(あっか)洞に次いで全国第2位。約30万年前、琉球(りゅうきゅう)石灰岩台地を溶食する地下河川とともに形成された横穴。40万本ともいわれる鍾乳石が垂れ下がり、石筍(せきじゅん)・石柱群が林立。約800mが観光洞として一般公開され、探勝路やエスカレーターが完備。近くに玉泉ハブ公園や遺跡公園がある。

〔静岡県〕玉泉洞(ぎょくせんどう)


湧玉池(わくたまいけ)

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉泉洞
ぎょくせんどう

沖縄県南城(なんじょう)市玉城(たまぐすく)にある日本有数の鍾乳洞(しょうにゅうどう)。沖縄本島に特有な琉球(りゅうきゅう)石灰岩の溶食した鍾乳洞で、全長5キロメートルであるが、観光洞の長さは890メートル。雄樋(ゆうひ)川の地下河川の一つとして形成され、この一帯には無数の洞穴がある。古来から風葬地や第二次世界大戦中の避難壕(ごう)として一部は知られていたが、1967年(昭和42)愛媛大学学術探検部によって全容が発見され、1972年に観光洞「玉泉洞王国村」としてオープンした(2002年「おきなわワールド―文化王国・玉泉洞」に改称)。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

玉泉洞の関連キーワード沖縄県南城市玉城前川石灰岩台地地下河川田仲洋子湧玉池横穴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉泉洞の関連情報