コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部川[村] みなべがわ

世界大百科事典 第2版の解説

みなべがわ【南部川[村]】

和歌山県中央部,日高郡の村。人口6663(1995)。村域の東端,西牟婁(にしむろ)郡との境にある虎ヶ峰(790m)に源を発する南部川が,多数の支流を合わせつつ中央部を南西流し,周囲を山地や丘陵に囲まれる。南隣の南部町域にかけては,平安末期から中世には南部荘の地であった。農林業が中心で,とくに南部川沿いの段丘にある南部梅林での梅の生産は,南部町とともに全国一といわれる。江戸末期には埴田(はねた)(南部町)が第1の産地として知られたが,やがて当地の晩稲(おしね),谷口,熊岡(くまか)などが中心となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

南部川[村]の関連キーワード小鹿島速度違反自動取り締まり装置息吹野中寺アンチキリスト消費寄託ヘルソン百済南典佐伯子麻呂定恵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android