コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博打・博奕 ばくち

大辞林 第三版の解説

ばくち【博打・博奕】

〔「ばくうち」の転〕
金品をかけて、賽さいや花札・トランプなどの勝負をすること。賭博とばく。ばくえき。 「 -を打つ」
成功の可能性は薄くても、思い切ってしてみること。 「大おお-」 「 -に出る」
ばくちうち」に同じ。 「昔、-の子の年若きが/宇治拾遺 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android