博打・博奕(読み)ばくち

大辞林 第三版の解説

ばくうちの転
金品をかけて、賽さいや花札・トランプなどの勝負をすること。賭博とばく。ばくえき。 -を打つ
成功の可能性は薄くても、思い切ってしてみること。 おお -に出る
ばくちうちに同じ。 昔、-の子の年若きが/宇治拾遺 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ばくうち(博打)」の変化した語)
① 金銭、財物を賭(か)け、賽(さい)、花札、またトランプなどを用いて勝負を争うこと。ばくえき。賭博。てなぐさみ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※古今著聞集(1254)一二「今日以後、ながく博打つかまつるべからず」
② ①を職業のようにする人。賭博を常習とする者。博徒。ばくちうち。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「おんみやうじ・〈略〉・ばくち・京わらはべ〈略〉召し集めて」
③ 結果を運にまかせて敢えてする行為。万一をたのみとしてする所為。成功する可能性の少ない危険な行為。
※草茅危言(1789)九「必竟は米を帳に書たる迄にて、天下御免の大博奕と云者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android