博物誌(読み)はくぶつし(英語表記)Historia Naturalis

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

博物誌(プリニウス)
はくぶつし
Historia Naturalis

西洋で最初の百科事典。編者はプリニウス(大)で、77年完成。全37巻。当時の博物学の集成で、博物関係著者ローマ人146人、ほか330人の著書1000余部から2万の動植物などを選んで記述している。第1巻は総説、索引的目次、引用書目録。そして、第2巻から第37巻までは分類別に2万種の説明がある。すなわち、第2巻は自然宇宙、第3~6巻は地理と人類学、第7巻は人類学・心理学、第8~11巻は動物学、第12~19巻は植物学、第20~32巻は薬剤学、第33~37巻は鉱物学・金属学となっている。この書は現代科学からみれば、科学的体系と方法論、および細部に誤りが目だつが、当時から中世には権威があり、よく利用された。[彌吉光長]
『中野定雄他訳『プリニウスの博物誌』(1986・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

博物誌の関連情報