コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発性肺高血圧症 ゲンパツセイハイコウケツアツショウ

3件 の用語解説(原発性肺高血圧症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんぱつせい‐はいこうけつあつしょう〔‐ハイカウケツアツシヤウ〕【原発性肺高血圧症】

心臓から肺に血液を送る肺動脈の血圧が高くなることで、心臓と肺の機能に障害を引き起こす病気。原因は不明。比較的若い人に多くみられ、早期に治療しないと数年以内に死亡することが多い。厚生労働省特定疾患治療研究事業対象疾患(通称、難病指定)に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

げんぱつせいはいこうけつあつしょう【原発性肺高血圧症 Primary Pulmonary Hypertension】

[どんな病気か]
 心臓の右心室(うしんしつ)から肺へむかう血管を肺動脈といいますが、この血圧(肺動脈圧)が高くなる病気です。
 肺動脈圧は、右心カテーテル検査といって、心臓の中に細い管を入れてはかります。安静時の肺動脈の平均血圧はふつうは15mmHgほどで、かなり低いのですが、これが20mmHg以上になると肺高血圧と診断されます。
 肺高血圧はさまざまな原因、たとえば生まれつきの心臓の病気、肺動脈に血栓(けっせん)がつまる病気、肺に異常に空気がたまる肺気腫(はいきしゅ)などでおこりますが、そういった病気でおこるのではない原因不明のものが原発性肺高血圧症です。
 比較的まれなめずらしい病気で、男女比1対2で女性に多く、患者さんの平均年齢は29歳、診断から死亡までの期間は平均3年未満です。治療がむずかしいため、厚労省の特定疾患(とくていしっかん)(難病(なんびょう))に指定されており、医療費補助が受けられます。
[原因]
 自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)(からだを守るべき免疫のしくみが、正常な自分の組織を攻撃する病気)との関連、家族内の発生例があることから遺伝的な要因も検討されていますが、詳しいことは不明です。
 からだを動かすと息切れがひどい、疲れやすい、動悸(どうき)、胸の痛みなどの自覚症状があります。
[検査と診断]
 胸部X線写真を撮ると、肺動脈本幹部が拡大し、肺の末梢血管(まっしょうけっかん)が細くなっているのがみられるのが特徴です。
 慢性の肺高血圧の結果、右心室の肥大がおこりますが、これは心電図心エコー超音波検査)像でわかります。
 診断の決め手は、右心カテーテル検査で、肺動脈の平均血圧が40mmHg以上と、非常に高い場合が多いことで、そのほかの病気が原因の肺高血圧ではみられない値を示します。なお、このカテーテル検査中や検査後に、重症の不整脈ショックをおこすことがあるので、検査には十分な注意が必要です。専門施設の肺や心臓の専門医を受診すべきでしょう。
 死亡した患者さんの肺の血管を調べてみると、肺動脈の壁の、中膜(ちゅうまく)をつくっている平滑筋層(へいかつきんそう)が肥大し、厚くなっています。また内膜(ないまく)には、同心円状に線維(せんい)が発達して増殖した叢状病変(そうじょうびょうへん)と呼ばれる特徴的な変化がみられます。
[治療]
 薬物治療として、肺の血管を拡張する薬(カルシウム拮抗薬(きっこうやく)、アンギオテンシン変換酵素阻害薬(へんかんこうそそがいやく)、プロスタサイクリン2などが使われることが多いのですが、効果があるとはかぎりません。また効いた薬がその後もずっと効くという保証もありません。
 継続的な酸素吸入抗凝固薬(こうぎょうこやく)、右心不全の場合の利尿薬(りにょうやく)にはある程度の効果がありますが、根本的な治療にはなりません。このため、欧米では積極的に肺の移植が行なわれています。
[日常生活の注意]
 過度の運動、酸素の薄い高所への旅行、妊娠は避けるべきです。右心不全があるときは安静と塩分制限が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原発性肺高血圧症
げんぱつせいはいこうけつあつしょう

肺血管に閉塞(へいそく)性病変をきたすような心・肺疾患がないにもかかわらず、肺動脈圧の上昇(肺高血圧)をきたす疾患をいう。20~40歳代の女性に多く特定疾患(難病)に指定されている。病理組織学的には、肺動脈の中膜の筋性肥厚や肺小動脈の内膜肥厚による血管内腔狭窄(ないくうきょうさく)が認められる。肺高血圧による二次的変化として、肺動脈起始部の拡大や心臓の右室の高度肥大をきたす。このような変化は胸部X線写真や心電図の異常として認められることが多い。また聴診上、肺動脈領域に雑音が聴取されることもある。さらに診断を確かなものにするには心臓カテーテル検査を行い、肺動脈圧の上昇を確かめる必要がある。症状としては、呼吸困難、胸部痛、脱力感、失神、チアノーゼ、血痰(けったん)、咳(せき)などがみられる。治療として、肺動脈の血栓・塞栓症の合併が認められる場合は抗凝固剤などの投与が行われるが、効果は一定していない。そのほか、自律神経作動薬なども試みられている。予後は不良で、症状発現より1年ないし10年で右心不全をきたすとされている。原因はいまだ不明であるが、先天異常、自己免疫説、膠原(こうげん)病、自律神経異常などが考えられている。[木村和文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の原発性肺高血圧症の言及

【肺性心】より

…したがって肺疾患が慢性的に経過し,原因疾患への治療が有効に行われなければ,肺高血圧は慢性化し,右心室肥大をもたらす。一方,肺血管性病変に伴う肺高血圧の原因としては,肺毛細血管に血栓がつまり,血管床が減少する病変と,肺動脈の筋性中膜の異常肥厚による原発性肺高血圧症が代表的である。前者は肺塞栓と呼ばれ,多くは下肢の静脈血栓が遊離することにより起こり,重篤な急性症状を伴う。…

※「原発性肺高血圧症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原発性肺高血圧症の関連キーワード三尖弁心室肺循環右心室右心房心臓死心臓肥大洞結節心臓のスターリング法則心臓の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone