コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双方中円墳 そうほうちゅうえんふん

2件 の用語解説(双方中円墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双方中円墳
そうほうちゅうえんふん

墳墓形式の一つ。前方後円墳の前方部のような方形部分が円丘の前後につけられているものをいう。前方後円墳の変形ともいえる。香川県高松市石清尾山古墳群のなかにみられるものは有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうほうちゅうえんふん【双方中円墳】

古墳の一形式。前方後円墳が円丘の一方に長方形台状の付属物を付けたものとすれば,双方中円墳は円丘の前後双方にそれを付加したものといえる。実例としては,香川県高松市石清尾山(いわせおやま)古墳群中の鏡塚古墳奈良県天理市櫛山古墳が知られているのみで,しかも櫛山例では一方が短小である。これまで,この墳形の代表例とされてきた石清尾山猫塚古墳は,最近になって,中央部も方形である可能性が指摘されている。古墳に先立つ,弥生時代の盛土をもつ墳墓を〈墳丘墓〉と呼んでいるが,すでにそれらの中には,円形や方形の墳丘の一方に,あるいは前後双方に方形台状の突出部を設けた例があり,前方後円墳も双方中円墳もそれらが定型化したものと理解されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の双方中円墳の言及

【古墳】より

… 日本の古墳の墳丘は,工法からいえば,土を盛って作った土塚と,石を積みあげた積石塚とがある。形態からいえば,規模の小さい円墳方墳と,大型のものをふくむ前方後円墳前方後方墳とがあり,特定の時期にあらわれたものとして,前期の双方中円墳,中期の帆立貝式古墳,後期の双円墳および上円下方墳などがある。また,外形の種類と関係なく,古墳には周濠のないものと,周濠をめぐらすものとがある。…

※「双方中円墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone