コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取手[市] とりで

2件 の用語解説(取手[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

取手[市]【とりで】

茨城県南端,利根川北岸の市。1970年市制。利根川をはさんで千葉県我孫子(あびこ)市に接し,北部に小貝川が流れる。中心市街は陸前浜街道の宿駅,利根川水運の河港として発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とりで【取手[市]】

茨城県南端,利根川北岸に位置する市。1970年市制。人口8万4477(1995)。市域のほとんどは常総台地の南端部と利根川,小貝(こかい)川の沖積地からなる。江戸時代には水戸街道(現,国道6号線)の渡船場をかねた宿場町として,また利根川水運の拠点として栄え,河岸が発達した。1896年日本鉄道海岸線(現,常磐線)が開通,1913年には下館と結ぶ常総鉄道(現,関東鉄道常総線)も開通し,30年には国道6号線の大利根橋が架橋され,県南部の交通の要地として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

取手[市]の関連キーワード潮来霞ヶ浦北浦新利根川戸田ポルトアレグレ稲敷利根川図誌本庄守谷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone