コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)沙汰 トリザタ

デジタル大辞泉の解説

とり‐ざた【取(り)沙汰】

[名](スル)《古くは「とりさた」》
あれこれとうわさすること。また、そのうわさ。「とかくの取り沙汰がある」「世間で取り沙汰する」
取り扱って処理すること。
「軍勢の兵粮(ひゃうらう)已下(いげ)の事―しける衆の中へ」〈太平記・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

取(り)沙汰の関連キーワード市川団十郎(8代)酢の蒟蒻のレスター伯上下・裃風説書沙汰